top of page

聖書を俯瞰する

みなさん こんにちは


まず、タイトルの漢字は

当然皆さんはお読み出来ると

思いますが「俯瞰(ふかん)」

です。ちなみに「俯瞰」の意味は


空を飛ぶ鳥の目線ように

高い所からの視点で低い所を見る

という意味です。


何故最初にこんな事を書いたかと

言うと、私が以前、俯瞰の読みも

意味も知らなかったからです(笑)


もし私のお仲間がいらしたら

この機会にコッソリ覚えて下さい

(笑)

冗談はこのくらいにして、新年

第一回目の和憲先生のメッセージは

大空を羽ばたく鳥の様にスケールの

大きなメッセージでした!


聖書を俯瞰するとは、聖書の全体図

を把握する、つまり、神のご計画の

全体図を見た上で、聖書を理解して

いきましょうというものです


神のご計画の全体図とは?

先生が年表で教えて下さったのは


  天地創造

(地球と人間の創造)

       ↓

ノアの洪水

(人の心に罪が入り、悪が増大した為

ノアの家族以外の人間を滅ぼす為に

神は大洪水で地上をリセットした)

       ↓

   イエス・キリストの誕生

(それでもなお人間は罪を犯すので

罪の身代わりの十字架刑になる為に

神が人間としてお生まれになった)

       ↓

      新天新地

(神と人間が永遠に一緒に住む天国)


聖書を俯瞰して、ざっと大まかに

書かせて頂くとこのような感じです


この世の始め~終わりまで、神様の

壮大なご計画があり、そのすべては

私達人間を新天新地(天国)へと

救いに導く為のご計画であります!


これはご興味のある方は、是非CDを

お聴き頂きたいです。まるで聖書の

一大絵巻を漫談のごとく分かり易く

語って下さいました!


(CDをお聴きになりたい方は、是非

教会までご連絡下さい)


そしてほんの一部抜粋させて頂くと

最後に切実に先生はこう仰いました


「新天新地では、神とクリスチャン

しか残らないんです。残念ながら

イエス・キリストを救い主として

受け入れない人間は、地獄行きです


本当は、脅しながら伝道する感じが

するので、地獄の事は触れずに伝道

出来ればそれがいいのですが、地獄

という所は、全く愛のない世界です


地獄の火の池で、永遠に焼かれて

永遠に後悔し続ける所、それが地獄

なんです。そんな恐ろしいところに

誰一人行って欲しくない。

これは、神様の願いなんです。」


おめでたいお正月に、和憲先生も

こんな怖いお話しはしたくなかった

と思います。でも、メッセージを

あえて語られたのは神様に示されて

語られたのだと思います・・・。


でも、もし今これを読んでおられる

方で、まだ教会に足を運んだことの

ない方は、是非、ロックチャーチに

お越し下さい!


地獄に落ちたくないという恐怖から

信じるのではなく、神様の大きな愛

に包まれる、感謝と喜びと共に

ほんの少しずつでも、自分の方から

神様の方に一歩ずづ近づいていく

ことが楽しくなってくる


そして、聖書を学ぶ楽しさの中に

いつの間にか信仰が芽生えてきてる

ことが実感できると思いますヨ!


あなたのお越しをお待ちしております

(*´∇`*)


聖書のことば


初めに、神が天と地を創造した。

創世記1章1節


文:ソブエ


ロックチャーチの歩み!

ロックチャーチ通信の

過去記事はコチラ

Comments


最新記事

bottom of page