top of page

聖餐式がありました

更新日:2023年7月30日

みなさん こんにちは


ロックチャーチでは毎週日曜日に

第一部午前9:30~

第二部午前10:30~ の

二部形式で礼拝を行っています


そして、先日16日の二部礼拝では

久々の聖餐式が行われました

コロナ禍の間は、聖餐式は自粛

しておりましたので

本当に久々の聖餐式でした!


聖餐式とは、イエス様が最後の晩餐

で、弟子たちと共に葡萄酒とパンを

イエス様の血と肉として分け合った

ことから始まった儀式の一つです


ロックチャーチでは、信仰告白を

された方であれば、大人も子供も

聖餐式に出席できます。

上の写真のシルバーの入れ物は

聖餐式に使われるトレイです

この中に、皆さんにお配りする

ワインの代わりの葡萄ジュースと

パンが入っています。

初めに「使徒信条」を、

一緒に読み上げます

そして、パンと葡萄ジュース

が配られます



和憲先生による聖書朗読があり

その後、パンと葡萄ジュースを

一緒に食べます

そして「主の祈り」を

一緒に読み上げます

最後に一曲讃美歌を歌って

聖餐式は終わります。


久しぶりの聖餐式でしたが

いつもの礼拝とは、また違った

角度から、イエス様への感謝が

湧きあがり、心がピシッとする

感じがありました!


今後は従来通り、月に一回の

ペースで聖餐式を行っていく

予定です。


ロックチャーチでは信仰告白を

されている方は、教会員でなく

ても聖餐式に参加できます。


またクリスチャンでない方は

聖餐式中、席に座ったままで、

見ていただいています。


でも、クリスチャンでなくても

一度見てみたい方はぜひ礼拝に

ご参加頂き、聖餐式を見学して

みてください。


きっと、どのような参加の仕方

でも、聖餐式でしか味わえない

恵みがあると思いますヨ!


アナタのお越しを

お待ちしております




聖餐式で朗読される

聖書のことば


私は主から受けたことを

あなたがたに伝えたのです。

すなわち、主イエスは、

渡される夜、パンを取り、


感謝をささげて後、それを裂き、

こういわれました。


「これはあなたがたのための

わたしのからだです。わたしを

覚えて、これを行いなさい。」


夕食の後、杯をも同じようにして

言われました。


「この杯は、わたしの血による

新しい契約です。

これを飲むたびに、私を覚えて

これを行いなさい。」


「ですからあなたがたは、

このパンを食べ、この杯を飲む

たびに、主が来られるまで、

主の死を告げ知らせるのです。」


コリント人への手紙 第一

11章23節~26節


文:ソブエ


ロックチャーチの歩み!

ロックチャーチ通信の

過去記事はコチラ

閲覧数:96回

Comments


最新記事

bottom of page