top of page

人間関係を円滑にする聖書的秘訣

みなさん こんにちは


春は卒業式、進学、就職、移動等で

色々と人間関係の悩みが付きもの


「嗚呼、4月からあの人が移動して

 くるなんて、ダルおも~」

 (ノД`)


「あの人から、やっと解放されたと

 思ったら、もっと苦手な人と同じ

 部署になっちゃうみたい」

( TДT)


等々、せっかくの春なのに、悶々と

悩めるアナタの心の問題解決の為に

「ダニエルの信仰」と題して

友紀先生がメッセージして

下さいました!



「ダニエルとは、旧約聖書時代の

 預言者で、10代の時に捕虜として

 バビロニア帝国に連れてこられた

 信仰に厚いイケメンの若者です」


 ↑ちゃんと『容姿は美しく知恵と

 知識に富む』と、今風に言うと

 いわゆるイケメンだったと

 聖書にもそう書いてあります(笑)


「しかし、バビロニア帝国は

 神を敬わない、偶像崇拝の国で

 そこでの慣習には、たとえ王様の

 命令であれ、従いませんでした」

 

本当は、もっと細かく語って下さり

みんな、友紀先生の語る聖書物語に

紙芝居を見る子供のような顔で

ワクワクしながら聞いていました!


でも、王様の命令にも従わないとは

殺されるかもしれないのに、さすが

ダニエル!これぞ真のイケメン(笑)


そんな信仰に厚いダニエルを見て

神様は、ダニエルの為に

こんな計らいをして下さいました


『神は宦官の長に、ダニエルを愛し

 いつくしむ心を与えられた』


これは今風に言えば、自分の部署の

部長や課長に、部下や後輩にあたる

自分を大切に扱ってくれる心を

神様が与えられたと言うことです!

ナント粋な計らい!(笑)


友紀先生はこう締めくくられました


「神様を第一に考えて生きていく時

 私たちは祝福されるんです!

 

 神様に自分から近づいて行けば

 神様の方からも近づいて下さり

 神様は私たちの周りを愛に満ちた

 配慮で満たして下さるお方です


 日々の生活は、選択の連続です

 その中で、これは聖書のことばの

 通りの、正しい選択なのかと

 常に思い巡らせる事が大切です」


なるほど!確かにダニエルは宦官の

愛に満ちた配慮で救われた訳ですし

同じ聖書の神様を信じる私たちにも

同じ配慮が与えられると信じます!


自分の周りの人達が、向こうから

優しくしてくれるなんて、自分の力

で出来るものじゃありませんよネ!


そこをケアして下さる神様の深い愛

を受け取る方法は、聖書のことばを

実行すると言うことです!


そして、与えられるだけではなく

自分も周りの人たちに愛ある配慮を

与えられる人になれる様に、日々

心掛けて毎日を送りたいものですね


いつも元気一杯!愛に満ちた歌声で

ロックチャーチの讃美をリードする

友紀先生も、神様を第一に考えて

大きな祝福の中を歩んでおられます


そんな先生のお話しをもっと聞いて

みたり、一緒に讃美したいって方は

是非とも日曜礼拝にお越し下さい!


日曜礼拝は2部制です


第一部 午前9:00~

第二部 午前10:00~


お一人様でもOK!

普段着でOK!

あなたのお越しを

お待ちしております!!

(・∀・)人(・∀・)


聖書のことば


ダニエルは、王の食べるごちそうや

王の飲むぶどう酒で身を汚すまいと

心に定め、身を汚さないように

させてくれ、と宦官の長に願った。


神は宦官の長に、ダニエルを愛し

いつくしむ心を与えられた。


ダニエル書1章8節~9節


文:ソブエ


ロックチャーチの歩み!

ロックチャーチ通信の

過去記事はコチラ







閲覧数:100回

コメント


最新記事

bottom of page