人間は3つのものからできています パート1

みなさん こんにちは

突然ですが、私たち「人間」は

3つのものから出来ています

さて、何から出来ているでしょう?

う~ん、水分、ミネラル、タンパク質?

ハイ正解!それも間違ってはいませんが

それは肉体の部分のみ (笑)

では「人間」は何からできているの

でしょうか?  実は・・・

「体」「魂」「霊」から出来ていると

聖書は語っています。

この、ちょっと一般的じゃないけど

すご~く大切な真理を教えて貰えるのも

また、教会の楽しいところなんですヨ!

和憲先生が、語って下さいました!





「体」とは、勿論目に見える肉体のことこれは分かり易いですね!

次の「魂」は、よく霊と同一に考えられることが多いですが、

聖書的には霊とはまた別物です。 聖書的に「魂」は自分の心の部分であり、その人の「知識」

「感情」「意志」の領域なんです。

最後の「霊」とは神様と人間が繋がる所で あり、聖書的には、ここがとても大切な部分であります。 聖書的な「霊」について時系列で少し説明をさせて頂きますと、

大まかに以下のようになります。 最初の人間、アダムとエバが造られた時は霊で神様と繋がって

いましたが、蛇を通して

悪魔に騙されて罪を犯した後、この霊が死に

そして神様との交流が出来なくなったんです

それ以降、この世の管理者として全てを支配

する権利を与えられていたアダムとエバは

その権利を悪魔に奪われてしまい、現在まで

この世界の支配者は、悪魔のままなんです

アダムとエバの子孫である全人類は、霊が

死んだままの状態なんですが、イエス様を

信じた時、霊が再創造され、私たちの霊の中

に再び神様が住まわれるようになりました

ざっとこんな感じです。

そして先生は、こう仰いました!

「本来人間とは、神様とセットになるように

造られたものなんです。神様と二人三脚で

歩くものなんです。だからクリスチャンに

なることは人間の原点に戻る事なんです」

こういう話って、面白くないですか?(笑)

なんか自分の眠っている可能性っていうか

それを神様と共に歩むことで引き出すことが

出来るなんて、ワクワクしてきませんか!

(≧∇≦)b

いよいよここから、核心について触れたい所

ですが、長文のメッセージになってきました

ので、今週と来週の二週に渡って書かせて

頂きたいと思います。どうぞご期待下さい!

聖書のことば

というのは、肉の思いは神に対して反抗する

ものだからです。それは神の律法に服従

しません。いや、服従できないのです。

ローマ人への手紙8章7節

文:ソブエ

閲覧数:63回

最新記事