人間は3つのものからできています パート2

みなさん、こんにちは

先週に引き続きまして、和憲先生の

「霊と魂と体」についてのお話しです

先週のブログを、ご一読頂いてからの方が

より一層理解が深まると思います

m(_ _)m

それでは早速参りましょう!

私たちの「体」の思いと 再創造された「霊」の思いは 実は相反する全く正反対のものなんです 例を挙げてみると 何か人に凄く嫌な事をされたとします 咄嗟に、コノヤローって思いますよね! これが肉なる体からくる思いなんです




体からくるこの世の思いは→ゆるせない! 霊からくる神の思いは→ゆるしましょう! と言う具合に、全く相反するものなんです 体からくるこの世の思いに心を 寄せていけば、憎しみの無限ループが続き 怒りが収まらない毎日を過ごすことになる でしょう。 しかし霊からくる神の思いに心を寄せて いけば、やがて、苦しみ、憎しみから 解放されていくのだと聖書は語ります。 簡単に言えばすごく嫌な事をされた時に 「許さない」と言うより「許します」と 言った方が幸せになるのだということです。 ??? はっきり言って意味もよくわからないし、 そんな事をして幸せになるとも思えない というのが普通の感覚だと思います。 しかし、これがやってみると本当に今まで に感じたことのない解放感が得られるので 不思議です。 であるなら、どうしたら神の思いに立つ事 ができるのでしょうか? 体の思いと、霊の思いの狭間に 立っている自分の心、知性があります。 その「知性」は「魂」の領域にあります。 そして「魂」は、霊と体の橋渡しをする 役割になっています。 ですから「知性」を新しくすることによって 自分の思いを神の思いに近づけていく事がで きます。 知性を新しくするには、聖書のことばを 読むことから始まります。 聖書のことばは生きた神の言葉だからです。 心が霊と体の橋渡しをして、神様の御思いを

体で現わしていく、そこにあるもののは

健康と喜び、希望に溢れた人生です

聖書が人生について、何と語っているか

聖書が自分について、何を語ってくれるのか

聖書が自分の将来に、何を用意してくれるのか

今、巷のニュース等では「霊」や「聖書」と

いうものに「危険な物」「詐欺」など、悪い

イメージが拡散されて「霊」というものが

大きく誤解されているように感じます

しかし、真の霊とはそんなものではありません

もし、こういったことに、ご興味があり 聖書、神様についての真実を知りたいとの 思いがありましたら、是非教会へお出で下さい ご一緒に楽しく学んで、ストレスフリーな 健康体を手に入れちゃいませんか? あなたのお越しをお待ちしております! (*´∀`) 聖書のことば というのは、肉の思いは神に対して反抗する ものだからです。それは神の律法に服従 しません。いや、服従できないのです。 文:ソブエ

閲覧数:61回

最新記事